安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
不動産マーケットはピークを越えたか?
0

    銀行の不動産向け融資が上期で過去最高、バブル期越える=日銀
    http://news.goo.ne.jp/topstories/business/154/aca651fd07cfa2bb7c26c9c62d727d94.html
    とありますが、

     

     

    ネットゲリラさんのところに書いた(http://my.shadowcity.jp/2016/07/37-1.html#comment-81488)日銀と銀行がバカなだけ。の意味は

     


    日銀が行った愚かなマイナス金利によって運用難に陥った銀行の資金が流れ込んで起こっていることであり、どこかで大暴落が起こることはバブル崩壊で嫌というほど経験している話です。

     


    ある統計には空家率上昇や販売物件在庫の積み上げなどから実はピークを越えたかもしれないという話があり、FRBの利上げか早くも軋みが見え始めたトランプ体制の失政によるトランプショックか何が原因になるかわかりませんが、どこかの銀行が逃げ出したら堰を切ったように皆が逃げ出し大暴落が起こるでしょう。

    【2016.11.17 Thursday 01:41】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
    財務省が突きつける現実
    0
      アベノミクスの失敗はさんざん書いてきました。

      知り合いがいないのでわかりませんが、財務省の方々も景気の問題が起こることはわかっていたと思います。
      (わかっていなかったらとんでもないことですが)

      消費税増税は当然と思いますし先送りが当然と言う風潮になってきていますが、では先送りした社会保険料
      (健康保険・国民健康保険・長寿医療保険(後期高齢者医療保険)・介護保険・国民年金・国民年金基金・
      農業者年金・厚生年金・共済年金などの公的保険の保険料など)はどうするのか?
      【2016.03.23 Wednesday 07:56】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
      ドイツ銀行が破たんすると世界の金融システムは
      0

        素人のたわごとであってほしいが


        ドイツ銀行が経営危機に瀕している。


        ドイツ銀行が破たんすると世界の金融システムは、停止または破たんしてしまうかもしれない。


        ドイツ銀行が破たんすればその規模だけで重大な影響を与えるが、ことはドイツ銀行だけでは収まらない。


        先進国の各国を代表する銀行でドイツ銀行が持っているようなデリバティブを持っている大銀行が連鎖倒産する恐れがある。


        とても世界中で大混乱がおこり、そのような状態で世界の金融システムが動いているとは到底思えない。




        【2016.02.12 Friday 22:06】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
        暴落の中で見える次の危機
        0
           昨年末、日本の金融機関の不動産向け”新規”融資(2014年度)が10兆円を超えて、1989年度のバブル期にならんだと報じられました。


          中国の爆買いで書いた中国人の資金が止まり、世界中で不動産の下落が起こっている気がします。


          このままいけば、地価の暴落は必至であり運用先に困って安易にのめり込んだ金融機関の破たんやリート市場の大暴落が予想されます。


          【2016.01.21 Thursday 20:51】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
          中国の爆買い
          0
             中国人の日本にとどまらず世界での爆買いが話題になっていますが、土地などの投資はカネをつかいたくてつかっているのではなく、守りたくてつかっていることを認識しておかないと大変なことになります。

            【2015.07.13 Monday 08:26】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
            今年を占うジンクス
            0

               いわゆるジンクスという不確定な話ですが、1月の動向がその年1年の動向に似ていることが多々あるそうです。



               先の15日、スイス国立銀行(中央銀行)によるフラン上限撤廃により、いまだ市場は大混乱しております。



              「いよいよ大変な新年が幕を開ける」で書いた予兆のシグナルが警鐘を鳴らす事態が、市場に現れるのは5~6月頃ではないかといわれております。



               

               いろいろな不安指数が出ている中での、ジンクスだけに「たかがジンクス」となればよいのですが。


               


               

              【2015.01.19 Monday 09:30】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
              新たな暴落の予兆
              0

                 経済の重要な先行指標が暴落しており、ある重要な指標(諸事情により伏せさせていただきます)と、同じく重要な先行指標であるバルチック海運指数も暴落しております。

                http://www.investwalker.jp/commodities/transportation/baratumisen/bdi/


                 BSの経済番組を見ていて(政府の提灯解説の酷いエコノミストがいます)、緩やかな変化で現状が続くと見ていますが、これらの先行指数が示すことを考慮するなら考えておかなければならないことが多くあると思います。



                【2015.01.15 Thursday 10:45】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
                パリ新聞社テロ
                0
                   今回のフランスの事件の背景には深刻な不況による貧困と差別があり、今後ドイツも崩れだすとユーロ経済は逼迫し移民はいっそう厳しい状況に追い込まれ、最悪ユーロ諸国は自爆テロなど中東化しかねない事態が起こる恐れがあり、そのような事態になればいっそう経済は悪化し収集がつかなくなり世界経済に深刻な影響を与えます。
                  【2015.01.08 Thursday 08:57】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
                  想像を絶する今後 4 金融曲線上のプーチン2
                  0

                     防衛省統合幕僚監部は2014年4月1日から6月30日までの緊急発進は340回で前年同期と比べて225回増、発生回数で約3倍に大幅増加し、国別ではロシア機が約70%、中国機が約30%で、対ロシア機のスクランブルが約8倍と急増していると発表した。

                    対ロシア 235回
                    対中国  104回

                     

                    プーチン並びにロシア国民の悲願はソビエト連邦の復活であり、さらには領土拡大を目論んでおり、その中に日本も含まれている、と外人は見ています。

                     

                    常識で言えばそんなバカな、なのですがプーチンは追い詰められ、かつてのドイツ国民のようにロシア国民とともに時代の狂気に取りつかれながら新たな暴挙に出るかもしれません。

                     

                    今日の覚書、集めてみました様の
                    「石油値下がりでロシアが腐りかけソ連よりもヘロヘロになりそう」
                    http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/6fb67c4c794d5df721141bc35aa242c1
                    を一度ご覧いただくとロシアの厳しい状況がよくわかると思います。

                     

                    経済は山あれば谷深し、ということわざがありますが、アメリカの金融緩和によって石油が暴騰しこれからはBRICSの時代だと持てはやされていたとき、経済は山あれば谷深しというデータをグラフにすることによって現れる金融曲線によって、このような事態がじつは用意されていたのです。

                     

                    プーチンはこの金融曲線に踊らされ続けるのです。
                    プーチンだけではありません。習 近平も同じことです。

                     

                    その先に2008年に書いた「現在の金融大恐慌の次に来るもの 3」
                    http://adachikioku.adachikioku.com/?eid=989996
                    で書いた事態が起こらないことを祈るばかりです。

                    【2014.11.12 Wednesday 21:26】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
                    想像を絶する今後 4 金融曲線上のプーチン1
                    0

                        人は日常、自分の意志で決断し行動していると思っていますが、実はいくつかの先行指標によって数年後の行動はほぼ決まっており、先行指標によって決断させられているのです。


                      先のウクライナ侵攻に手も足も出なかった欧米を茶化す声もありましたが、国際法を踏みにじる行為であり許されるものではなく深刻な事態といえます。


                      ロシア経済は、世界2位の原油生産国で原油・天然ガスが輸出の約7割で、連邦予算の5割が依存しており、年平均1バレル=105ドルを下回ると赤字に転じると言われております。 (10月20日現在83ドル前後)


                      また、原油価格暴落からロシア経済に警戒が広まり、ルーブルが高値から約25%も急落しており欧米の経済制裁との相乗効果で国内の物価は高騰し、市民生活を直撃しておりウクライナ侵攻で今は80%というプーチンの高い支持率が急落すれば、侵攻以前を上回る不人気でデモが起り政権が不安定化する可能性があります。



                      【2014.10.20 Monday 10:01】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
                      CALENDAR
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      RECOMMEND
                      NEW ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      SEARCH
                      PAGETOP