安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
<< 修得率1 | main | 祖父母 >>
修得率2
0
     T君や他の生徒で大成功していたので、自分自身慢心していたのでしょう。
     ある小学3年生で、親は記憶術の修得に大変乗り気ながら本人はまったく記憶術をやる気がない(小学校低学年だと受験のプレッシャーもないので大人が成績にこだわる意味をはっきり理解していない)の生徒に教えたのですが、なんで僕がこんなことをしなければいけないんだ?とまったくやってくれません。
     こちらも一生懸命なのでつい怒ってしまったりと無理に教えようとしたために余計に反発され意地でも記憶術はやらないと言い出され全くの逆効果になったことがあります。
     後日、安達先生に報告したところ、「怒ることは一番やってはいけないこと」とがっかりした様子で言われたときは、怒鳴られるより辛く感じました。
     本人が全くやる気のない生徒はやる気が出るまで待っていただくようお願いしております。

    【2005.11.07 Monday 02:56】 author : adachikioku | 記憶術 | - | - | - | - |
    CALENDAR
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP