安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
<< 予測どおりに動き出した大企業と展望・危惧するところ2 | main | 経済政策が失敗するのは謙虚さが足りないから >>
予測どおりに動き出した大企業と展望・危惧するところ3
0
     先の記事の「下流マーケティング」という表現は自分には強烈な違和感があり、今後日本も高所得層と低所得層の2種類にわかれることを思えば「新主流マーケティング」と表現したほうが的確ではないかと思います。

     この「新主流マーケティング」で商品を売っていくためには、例えば化粧品はコストを下げるために、化粧品に無縁な男として詳しくはわかりませんが宣伝費・販売員の見直し百貨店の店舗など、これまでの収益の柱であった販売ノウハウをコストカットを行いながら、従来の発想では考えられない新たな利益の出る手法を考えることによって行わなければならないのではないでしょうか。

     しかし、このような構造改革は言うほど簡単なものではありません。

     ある中堅企業がこの不況期を乗り切るために、売り上げの落ちてきた従来の主力高級品のテコ入れとして同時に安い商品を扱うことによって業績の回復を狙いました。
     ところが、二兎を追うものは一兎も得ずの如く、資本の集中に失敗し安い商品に資本を集中させて安売りに特化したライバル企業に惨敗し、どっちつかずで紆余曲折の果てに安くないのに良くない商品を扱う事態となり惨憺たる事態になってしまいました。

     現在、大変な変革の中にあることを言ってまいりましたが、今後の経済状況を考えると予想以上のスピードで「新主流マーケティング」が完全に主流になり、大企業と言えどもこの層に対応する改革に乗り遅れると生き残れないと思います。



    安達式記憶術 成人コースのご案内
    安達式記憶術 学生コースのご案内

    ※転送・転載厳禁
    【2010.08.27 Friday 19:08】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
    CALENDAR
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP