安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
<< デタラメノミクス 円安増税でいっそうの不況へ2 | main | 通信簿は誰の成績?と有効活用2 >>
通信簿は誰の成績?と有効活用1
0

      昨年の忘年会で敬愛するNさんと四方山話をするなかで、こんな話を振られました。

    N:学校の通信簿は誰の成績だと思う?


    自:生徒の成績ではないでしょうか。自分は成績がよくなかったので母親がもらって帰
      ってきた日は正座させられてくどくど怒られました。


    N:まさにそのとおりだし自分も怒られたが、実はみんな気がついていない重要なこと
      があって、もう少し踏み込んで考える必要があると常々思っているだ。


    自:その重要なこととはなんでしょうか?


    N:今は知らないが自分の息子の頃は、左が学科の成績、右が生活態度だった。


      成績の優秀な生徒は大体どんな先生が教えても、ほったらかせというのではない
      がほったらかしでも成績は上がる。
      問題は障害を持った生徒は別だが、成績の悪い生徒の成績をどう上げるかが教
      師というプロの腕の見せ所のわけで、俺に言わせると下手糞だと思うわけだ。

      俺の扱ってる商品もお客さんによって、若干の手直しが必要で過去の経験から将
      来の不具合も見越していくつかの調整をして合うようにする。
      そういう創意工夫をしなければお客なんて誰も来なくなる。

      教師だって子供によって教え方が違うはずだ。


      話が脱線したが、すなわち、学科の成績はその生徒に対する先生の能力の成績
      と言えるのではかな。ひねくれた考え方かもしれないが俺はそう思う。


      では生活態度は誰の成績だと思う?

     

    【2013.08.28 Wednesday 09:21】 author : adachikioku | 教育 | - | - | - | - |
    CALENDAR
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP