安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
<< 通信簿は誰の成績?と有効活用1 | main | 安達先生の経営会計セミナーのご案内 >>
通信簿は誰の成績?と有効活用2
0

     自:それこそ、生徒本人の成績ではないでしょうか?


    N:普通はそう思うだろうが、俺はそうは思わない。


      生活態度は親の責任だと思う。

      
      何も知らない小さな赤ん坊のときから、知識や常識を注意して教えて教育
      してきたのは誰だい?


      その子の性格を長年形成してきたのが、親以外の誰だというんだい?


    自:たしかに学校が悪い、学校で何とかしてくれ、と言う親はいますが、それ
      を物理的に行うためには人格破壊しかないでしょうし、親のそれまでの教
      育の完全否定になるかもしれませんね。


    N:そういう考え方で通信簿を見直したら、先生は授業の教え方、親は生活面
      の改善方法などが具体的になってくるし、いろんな有効な対策がいっぱい
      見えてくる気がするし、大変もったいない話だと思う。


      けっして簡単な話とは言わないが親と先生が通信簿に書き示されたデータ
      を真摯に見直せば、次の学期には成績はきっと良くなると思う。


      通信簿は子供を責めるためのものじゃない、良くするためのもののはずだ
      。



      飲めそうな雰囲気のNさんなんですが、コップ一杯のビールでフラフラに
      なるので今回の忘年会もおいしそうにウーロン茶を飲みながらいろいろな
      唸らされる話をしてくださいました。

    【2013.08.29 Thursday 15:04】 author : adachikioku | 教育 | - | - | - | - |
    CALENDAR
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP