安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
<< 財務省が突きつける現実 | main | 不動産マーケットはピークを越えたか? >>
安達先生の新事業 キャッシュフロー経営のすすめ
0

     企業倒産のニュースで多い事例に「積極的な事業拡大が裏目となり資金繰りが悪化したため倒産」が非常に多くあります。

     


     業種によっては、早く市場を押さえないと競合他社に敗れてしまうために仕方がないという場合もあるかもしれませんが、実力以上の投資で倒産してしまえば元も子もありません。

     自分の実力をしっかり把握して的確な投資戦略を打てば安定した事業拡大が行えると言えます。

     


     各業種で企業がどれだけの利益を出せるかが実力になるわけですが、日々の収入・借入・売掛の変動の中で正確な数字を掴むのは案外難しく、大企業といえど業績不振に陥っている会社に本当に実力を把握していたのか怪しい会社も多々あります。

     


     安達先生は以前勤めておられてた外資系企業の経理で、当時日本では珍しかったキャッシュフローに基づく米本社からの決算書類作成の指示に悪戦苦闘しながら早くから本場のキャッシュフロー経営に深く接し研究されてこられました。

     


     また、今後銀行の借り入れに頼らず私募債など株式市場からの資金調達の際、しっかりとしたキャッシュフロー経営を行っているかで調達ができるかどうか状況はまったく違ってきます。

     


     近日中に詳細をご案内いたしますので、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

    【2016.09.06 Tuesday 13:00】 author : adachikioku | - | - | - | - | - |
    CALENDAR
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP