安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
<< 懸念される株式市場と景気動向 1 | main |
世界経済の不安要素の一つ中国経済 
0


    中国が5年に一度開催される中国共産党大会前に経済経済成長率を6.58%と発表していましたが、この数字を信じる市場関係者は中国経済に入れ込んでいる者以外ほとんどいないと思います。

     

    経済経済成長率6.58%は中国共産党大会で習近平国家主席の権力基盤を固めるのために粉飾された数字と言われ、ある中国ウォッチャーは「省自体の経済統計が怪しい上に、それらの合計である経済経済成長率の数字がおかしい。ひょっとすると経済経済成長率は1%を切っているかもしれない」などという分析をしていました。

     

    よって中国は言うほどカネを持っていない。そんなものは共産主義だから紙幣を刷れば解決!という人がいるでしょうが、人民元は保有外貨高を担保に(実質ペッグ)発行されているため難しい。

     

     何より自分で鳴り物入りで作ったアジアインフラ投資銀行の集まった資本金が昨年3月で6.8%
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48789112.html
    現在も中国が30%弱出すことになっているのに払えないのは何故か?

     

    その他、中国経済の発表されている数字の矛盾は山のようにあり、現在トランプが貿易戦争を仕掛けており、矛盾がいつ表面化し世界経済に影響を及ぼすか?

     

    注視すべきと思います。

    【2018.03.28 Wednesday 10:29】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
    CALENDAR
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP