安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
<< 2月の自動車関税と日本の自動車産業のゆくえ | main | 日銀債務超過 日本を地獄に叩き落した日銀総裁 三重野康 >>
日本経済が落ち込む世界との差 農耕民族と狩猟民族
0

    日本人と経済の話をしていて話がかみ合わなくてがっかりすることが多くあります。


    大体が数か月先のスパンで話されるのに対し、こちらは数年先のスパンで話すために噛み合わないのですが、この先見性のなさが数年先を見越して手を打ってくる外資に、後手後手でまったく歯が立たない日本企業の没落に繋がっているように思います。


    もちろん、いろいろな要因がありますが、日本人はあまり先のことを考えない民族なんだろうと感じます。


    ではなぜ考えないか?と考察すると、よく農耕民族と狩猟民族の違いということがよく言われます。


    その違いとは何か?狩猟民族の獰猛さなのか?今一つ上手い説明が浮かびませんでしたが.....


    常々、尊敬する町内の中川さんと町内会でお酒を飲んでこの話題になったとき
    「経済について詳しいことはわからんが、その違いは簡単なことだ。」


    「それは相手が動くか動かないか、それだけの話」


    「狩猟するものは獲物が、右に逃げるか左に逃げるのか、どのルートで逃げるか逆に向かってきて反撃に出て逃げ場を作ろうとするか、獲物がどう動くかを不測の事態まで考え、常に先回りして考えておかないと獲物が捕れず飢えてしまう。しかし、農耕をするものは稲や作物は動かないから今まで行ってきたことするだけで、狩猟ほど先のことを考えなくてよい。」


    今後、日本人は自分で先を考え決断して行かざるを得ない局面が財産保全などで多々出てくると思います。


    せめて下らない番組は避け、世界の動きに注意するようにしていかないといけないと思います。

     

     

     

    【2019.02.25 Monday 09:14】 author : adachikioku | 経済 | - | - | - | - |
    CALENDAR
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP