安達式記憶術BLOG

授業を全て覚え、成績を大幅アップさせる
<< 日銀債務超過 金融のアマチュア 黒田東彦 | main |
日銀債務超過 市場と日本経済
0

    日本でも数少ない尊敬する優れた経済学者の植草氏のブログ『知られざる真実』の

     

    マスコミの伝えない政治・社会・株式の真実・真相・深層を植草一秀が斬る
    2019年2月 3日 (日)
    国民の老後資金15兆円損失政府責任は重い
    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/15-5592.html

     

    そこで植草氏は、2007年後半の日経平均株価推移と2018年後半の日経平均株価推移が驚くほど類似しているとご指摘されています。

     

    その時々の株価を支える企業の顔触れや条件がすべて同じわけではないので、まったく同じことになるとは言えませんが、不思議と似たチャートを形成しており決して無視できるものでもないと思います。

     

    ここで日本市場だけでは世界の株価推移の参考に正確性を欠く可能性を考え、NYダウの推移を参考にして見ると、トランプ減税の影響などイレギュラーによりまったく一緒とは言えませんが、やはり非常に似た推移が見て取れます。

     

    2018年の谷の深さは、証券会社がAIを導入したことに関係があると言われてます。
    人間が売買を行っていると、暴落の際に逆張りで買いを入れたり静観する人がいたわけですが、AIは暴落の際には機械的に売るようにプログラムされていて暴落局面では一斉に売ってくるため、ボラティリティが大きくなっていると考えます。

     

    それで、2007年を参考に2008年に何が起きたか?

    【2019.11.05 Tuesday 10:08】 author : adachikioku | - | - | - | - | - |
    CALENDAR
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP